【2024年版】初心者にはこれ!おすすめソフトボード18選

minagi

サーフィンを始めたいそこのあなた!自分に合ったソフトボードは選べていますか?ソフトボードはサーフィンを始める方にとって、一番最初に波に乗れるサーフボードとしておすすめです。

ソフトボード選びは、サーフィンを楽しむための第一歩です。しかし、種類が多くて迷ってしまう方も多いでしょう。

そこでこの記事では、サーフィン初心者向けに、ソフトボードの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。これから紹介するソフトボードの中には、通常のサーフボードと同じフィンを使用できるものもあります。ボードの形状も、ハイスペックショートボードからメローなサーフィンが楽しめるロングボード、オルタナティブ系のミッドレングスやフィッシュボード、シモンズやグライダーなど多岐にわたります。自分が憧れるサーフスタイルをソフトボードで実現することが可能です。

あなたにぴったりのソフトボードを見つけて、サーフィンデビューを成功させるお手伝いをします。

マイサーフボードのメリット・デメリット

まず、マイサーフボードを手に入れると、サーフィンの上達とモチベーション向上に繋がります。しかし、サーフボードは1本1本が高額で、なかなか簡単に手を出せるような道具ではありません。自分に適したサーフボードを選ばないと心理的ダメージも大きくなります。

マイサーフボードのメリット

  • 自分に適したサーフボードを選べる
  • サーフィンの上達速度が速くなる
  • サーフィンの楽しみ方が広がる

マイサーフボードのデメリット

  • 初期費用がかかる
  • 保管場所が必要
  • メンテナンスが必要

ソフトボード選びのポイント

ソフトボード選びで特に重視すべきポイントは、体重やスキルレベル、使用目的に適合したモデルを選ぶことです。体重によってボードの浮力や安定性が変わります。例えば、大人は大きなボードが必要で、子供には大きすぎないものが最適です。スキルレベルも重要な選択基準の一つで、初心者は波キャッチが速いボードを選び、上級者は目的に合わせて選ぶことが大切です。

ソフトボードのメリット・デメリット

ソフトボードのメリット

ソフトボードは初心者から上級者まで幅広く利用できるサーフボードです。柔らかい素材でできているため、衝撃を吸収しやすく、怪我のリスクを軽減します。軽量で扱いやすく、持ち運びや保管も容易です。浮力が高いため小波でも楽しめ、初心者でも波をキャッチしやすい特徴があります。また、ビビッドな色や個性的なデザインが多く、自分らしさを表現できます。

ソフトボードのデメリット

ソフトボードのデメリットとしては、耐久性に限界があることです。柔らかい素材のため、長期的な使用には向かないことがあります。また、操作性がハードボードに比べて劣り、ターンなどの操作が難しい場合があります。初めてのサーフィン体験を楽しく安全にするためには適していますが、スキルが上がるとハードボードへの乗り換えが必要になります。

ソフトボード選びの基準

初心者から上級者まで、各人に合ったソフトボード選びはサーフィンの楽しさを大きく左右します。選ぶ際に重要なポイントをいくつか紹介します。

サイズ選びのポイント

ソフトボード選びの一番のポイントは利用者の「身長や体重」に基づいて選ぶことです。身長が高く体重が重い人ほど大きなボードが安定しやすく、初心者でも乗りやすいです。ただし、大きすぎると扱いにくくなるので注意が必要です。スキルレベルに応じて大きめのボードを選び、波に乗る経験を積むことでスキルを上げることが得策です。

素材選びのポイント

サーフボードの素材は波乗りのスタイルやスキル、波の状態により適したものが異なります。PU(ポリウレタン)は弾力性と耐久性に優れ、EPS(ポリスチレン)は軽量で浮力が強いです。ソフトボードは衝撃に強く安全性が高いため、初心者やトレーニング用に最適です。素材の特徴を理解し、自分の使用状況や予算に合ったものを選びましょう。

ブランド選びのポイント

ブランド選びも重要なステップです。高品質なブランドほど乗り心地や耐久性が保証されます。自分のスキルレベルや体型に合ったブランドを選ぶことが大切です。信頼性の高いブランドのサーフボードは長期間使用できる可能性が高いです。評判や口コミを参考にし、適正価格であるかを見極めることも重要です。

価格選びのポイント

サーフボードを買う際、価格選びは重要なポイントの一つです。D2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)モデルを利用すると、中間コストを削減でき、価格を抑えることができます。価格がその品質に見合っているかを判断し、初心者であれば安価でも性能が十分なものを選び、上級者であれば高品質なボードを選びましょう。製品の品質や特性、自身のニーズを考慮した上で、購入するサーフボードが適正価格であるかを確認しましょう。

おすすめソフトボードブランド

Beach Access(ビーチアクセス)

Beach Accessは日本発のソフトボードブランドで、「身近にサーフィンを楽しむ」をコンセプトにしています。初心者から経験者まで幅広く対応する製品を提供しており、日本の海や日本人サーファーに特化した設計が特徴です。Beach Accessのソフトボードは波キャッチの速さや安定性が優れており、ワックス不要のデッキや高密度EVAフォームを使用することで耐久性と使いやすさを両立させています。また、早期予約割引や最大50%OFFのセールなども実施しており、コストパフォーマンスが高い点も魅力です。

MF ミックファニング・ソフトボード

MFソフトボードは、3度の世界チャンピオンに輝いたミック・ファニングが考案したブランドです。これらのソフトボードは、ハードボードに限りなく近い性能を持ち、優れたデザインと革新性で知られています。パフォーマンス性能が非常に高く、世界中のサーファーから高評価を得ています。EPS素材を使用し、軽量で浮力があり、フィンもFCSⅡを採用しているため、カスタマイズ性が高いのも特徴です。

CRIME(クライム)

CRIMEは、最新のソフトボードとカルフォルニアスタイルを融合させたブランドです。おしゃれなデザインと豊富なモデルラインナップで、初心者から上級者まで多くのサーファーに愛されています。特に、LONG FISHやSTUBBYといったモデルは人気が高く、ハードボードに近い乗り心地を提供します。耐久性の高い素材と革新的なデザインで、波の大小を問わず楽しむことができます。

CATCH SURF(キャッチサーフ)

CATCH SURFは、ソフトボードの性能とパフォーマンスを追求したブランドです。初心者から上級者まで幅広く対応し、クラシックなデザインと最新の技術を組み合わせたモデルを展開しています。特に、オディシー・ログやヘリテージ・レトロフィッシュなどのシリーズは高い浮力と優れた操縦性が特徴です。強度と操作性に優れた製品を提供し、多くのサーファーから信頼されています。

ソフテック サーフボード

ソフテックは、安定感と使いやすさを兼ね備えたソフトボードブランドです。フィリペ・トレドをアンバサダーに迎え、そのパフォーマンスを裏付ける製品を展開しています。初心者向けのモデルから上級者向けのパフォーマンスボードまで幅広く提供しており、耐久性とデザイン性に優れた製品が特徴です。ソフテックのボードは、衝撃を吸収する素材を使用しており、安全性も高いことから多くのサーファーに支持されています。

おすすめスポンジボード18選

ソフトボードのおすすめ|ロングタイプ

ミックファニング(MICK FANING) BEASTIE

バランスに優れたロングタイプのソフトボードです。幅広いサーファーにおすすめ。さまざまなシーンで使用しやすい多目的なボードです。ラウンドノーズによって比較的簡単に波をキャッチできるだけでなく、トライフィンでしっかりとボードをコントロールできます。テールデザインがワイドな点もメリットで、スピードに乗りやすく、力のない波でもポジションをキープしやすいのがポイントです。

ソフテック(SOFTECH) ROLLER

デッキ部分にハンドグリップを備えたソフテックのソフトボードです。7ftの製品ながら持ちやすく、使い勝手に優れています。柔らかなクッションデッキ材で作られており、ぶつけた際のケガリスクを低減します。防水性能に優れた「X-Density EPSフォームコア」を採用し、樹脂で強化した多層の木材ストリンガーを内蔵しているため、高い耐久性を実現しています。

Beach Access ソフトボード ミッドレングス ワックスフリー

安全性を重視したソフトなトライフィンを搭載した7.2ftのソフトボード。ケガのリスクを下げたい方におすすめです。2本の木製ストリンガーを搭載し、ほどよい重さや優れたボードのしなりを実現しています。ボードの表面には特殊加工が施され、ワックス不要なのもポイント。ワックスがけを手間に感じる場合や、ソフトボードをキレイに保ちたい方におすすめです。

ダイアモンドヘッド(DIAMOND HEAD) ソフトボード

ネジ式のフィンが付属している7.6ftのソフトボードで、簡単にフィンを取り外しできるのが魅力。持ち運びの際にフィンを外しておきたい場合に便利です。リーシュコードが同梱されている点もメリットで、別途購入する手間やコストを削減できます。素材にはESPと呼ばれる発泡スチロール素材を採用し、ガラスクロスやエポキシ樹脂でコーティングされており、軽量ながら高い強度を備えています。

DRAG SOFTBOARD DG COFFIN THRUSTER

独創的なデザインが特徴のソフトボードです。デザインにこだわりたい方におすすめです。テールにはブランドロゴ、ワイドで波をキャッチしやすいノーズにはクールなイラストがデザインされています。ソフトボードの長さは7ftで、安定性の高いトライフィン設計を採用。浮力も十分なので、初心者にもおすすめです。

ハワイアンプロデザイン(Hawaiian Pro Designs) IN THE PINK SURFTECH ドナルドタカヤマ

9.3ftの長さを備えたロングタイプのソフトボードです。オールラウンドに使用でき、テイクオフ時の安定感に優れています。初中級者のサーファーにもおすすめです。波の力を受けやすいスカッシュテールにより、直進する際の安定度が増します。ユニークなデザインを採用しており、比較的高価ですが快適にサーフィンを楽しめるソフトボードです。

キャッチサーフ(CATCH SURF) オディシー ログ プロ×タイラー・スタナランド

キャッチサーフとタイラー・スタナランドのコラボによって誕生したロングタイプのソフトボードです。素材にはHDPE(高密度ポリエチレン)を採用し、耐水性や耐久性に優れています。3本の木製ストリンガーを搭載し、バランスがよく、ハードボードのようなしなりを実現しています。高い浮力が得られる点も長所です。

訳あり キャッチサーフ catch surf ソフトボード LOG ログ TRI [7’0”] TYLER STANALAND PRO MODEL タイラースタナランド ファンボード
ノーブランド品

ソフテック BOMBER(ボンバー)/ 2021-2023年モデル

ノーズが広めのロングボードのアウトラインを持つBOMBERモデルは、ミニロングとして最適です。テーパードされたテールにより、ダウンザラインのスピードとターンの流れが抜群で、最強のクルーザーとして機能します。

BOMBERモデルの全サイズは「トライフィン」仕様となっています。安全性の高いFCS2ソフトフレックスフィンが付属しており、柔らかく柔軟性のある素材で作られているため、ハード素材のフィンに比べて安全性が高く、フィンカットなどのケガを最小限に防いでくれます。

ソフトボードのおすすめ|ショートタイプ

ミックファニング(MICK FANING) KUMA FISH

日本人シェイパー熊谷充功氏がデザインしたショートタイプのソフトボードです。フラットなデッキで波をしっかりキャッチできるのが特徴。悪条件でもスピードが出しやすい設計です。ボトム前方にあるコンケーブボトムを採用し、スピード感を重視するサーファーにおすすめです。

ミックファニング(MICK FANING) CAT FISH

やや細めに設計されたノーズエリアが特徴的なショートタイプのソフトボードです。前足の下に水量を増やし、フィンやテールによってスムーズにリリースされるデザインがポイントです。フィンのセッティングは、キールツインやクワッドフィッシュなど、シーンによって変更可能で、標準では3本のフィンが付属しています。

ソフテック(SOFTECH) LIL RIPPER

ワイドなデザインのテールと深めのコンケーブが特徴的なショートタイプのソフトボードです。さまざまなビーチで使用可能で、耐久性に優れています。ソフテックの「エポキシシリーズ」に属し、中級者や上級者のサーファーにおすすめです。

ソフテック(SOFTECH) ERIC GEISELMAN FLASH

ターン性能に優れたソフテックの「パフォーマンスシリーズ」に属するソフトボードです。高性能で、ハードスキンのサーフボードに近い感触を実現しています。フィンは3本のトライフィンを採用し、着脱も簡単に行えます。ダイナミックなメイクを楽しみたい方におすすめです。

Beach Access ソフトボード レトロフィッシュ

ノーズ側に重心を配置したショートタイプのソフトボードです。スピーディなテイクオフを実現したい方におすすめ。ボードの中身にはEPSハードボードを使用し、一般的なサーフボードに近い乗り心地を実現しています。

Beach Access ソフトボード ショートエッグ ワックスフリー

シンプルなデザインのショートタイプのソフトボードです。サーフィン系インフルエンサーのヒガシーサー氏監修の製品で、基本の動作の練習ができるよう設計されています。汎用性の高い3本のフィンを採用し、トライフィンでの使用やセンターフィン1本でも使用可能です。テールエンドにVeeボトムを取り入れており、初心者や中級者がターンしやすい設計です。

ソフトボード サーフボード Beach Access 6’0” 38L ショートエッグ ワックスフリー フィン付き(スポンジボード ソフトサーフボード サーフィン ショートボード 中級者から上級者も楽しめる ビーチアクセス ワックス不要タイプ)

OCEANS&EARTH EZI-RIDER SWALLOW TAIL TRI FIN

メジャーなフィンと同形状のものが付属したショートタイプのソフトボードです。フィンはフィンキーで固定でき、着脱が簡単です。衝撃に強い素材を採用し、防水性能に優れています。2本のストリンガーを搭載し、軽量ながら高い強度を備えています。

OCEANS&EARTH THE BUG SOFTBOARD

手頃な価格で購入できる4.8ftのショートタイプソフトボードです。コアにはEPSを使用し、2本のストリンガーを搭載。ボディーボードのように使用することも可能です。カラフルなデザインが特徴で、ポップなカラーリングの製品を求めている方におすすめです。

created by Rinker
OCEAN & EARTH(オーシャン アンド アース)

池商 DEEPER ソフトサーフボード D-LSB0182

入門用のソフトボードとしても高い支持を集めているショートタイプの製品です。素材には柔らかなクロスリンクポリエチレン(XPE)を使用し、コアには高密度発泡フォームを採用。本体重量が軽く、高い浮力を得られるのが魅力です。3本のフィンやリーシュコードが付属しています。

池商 DEEPER ソフトサーフボード ショートサイズ D-MSB0119

リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れた3.9ftのソフトボードです。身長110cmくらいまでの子供向けに設計されています。フィンは1本のシングルフィンを採用し、直進性に優れています。リーシュコードが付属している点もおすすめです。

まとめ

ショートボードなら、ワールドチャンピオンに3度輝いたミック・ファニングやエアーの達人フィリペ・トレド。ロングボードでは、カルフォルニアスタイルのジョエル・チューダーやCJネルソン、スタイルマスターのロブ・マチャドやディブ・ラスト・ビッチなどがいます。それでいて、ソフトボードはサーフボードの半額以下で購入できるのですから驚きです。

初心者はまず、自分のレベルを把握し、サーフスタイルや体重、体力、メインとなるサーフポイントの波質を考慮して最適なボードを選びましょう。

ABOUT ME
波乗りキャンパーマン
波乗りキャンパーマン
サーフィン検定2級、キャンパー検定1級
全国をサーフィンしながら、夜はキャンプでしっぽりする、波乗りキャンパーマンです。ギアのことなら詳しいのでなんでも聞いてください。
記事URLをコピーしました